年代
材質
デザイン
鑑定機関

★▼新価格▼オランダ領インド ナーガパッティナム パゴダ金貨 1747-81 高鑑定MS65

通常価格: 180,000 
150,000 
割引額: 30,000 円 (17%)
ID5490
SOLD OUT

【ご購入の際のご注意】
コイン代金の他に5%のサイト手数料(税込)と送料1,000円(全国一律)が別途必要です。

オランダ領インド(1747-81) ナーガパッティナム、東インド会社で発行されたヴィシュヌが描かれているパゴダ金貨になります。


ナーガパッティナムは、インド南部のタミル・ナードゥ州にある都市です。ナーガパッティナム県の県庁所在地であり、同県ナーガパッティナム郡の中心都市であります。


東インド会社は、17~19世紀にヨーロッパ諸国がインド・東南アジアの物産の直接輸入と植民活動に従事させた特許会社の総称です。
国家的な独占企業体で,イギリス・オランダ・フランスの3会社が有力であり、エリザベス1世の特許状で会社を設立しました。


表面:チャクラに囲まれているヒンドゥー教の神様ヴィシュヌ神
ヒンドゥー教の神です。ブラフマー、シヴァとともにトリムルティの1柱を成す重要な神格であり、特にヴィシュヌ派では最高神として信仰を集めました。


裏面:粒状フィールド


NGC社鑑定で、総鑑定枚数33枚!!本コインは、3rdグレードの高鑑定10枚の内の1枚になります!!
(+プラス付加鑑定を含む)
(2022年4月リサーチ/鑑定数等、変動する場合が有ります)



INDIA DUTCH NEGAPATNAM PAGODA GOLD Vishnu (1747-81) NGC MS65 ID5490
【オススメ】
国:
インド
材質:
デザイン:
その他
年代:
1700年代
グレード:
SC=SLABCASE(スラブケース入り)
直径:
約11mm(海外データより)
品位:
重量:
約3.42g
鑑定機関:
NGC
カタログ:
KM#41