年代
材質
デザイン
鑑定機関

ブラジル 4000レイス金貨 ジョアン摂政皇太子/ポルトガル・ブラジル連合王国の国章 1815 MS62高鑑定

期間特価
通常価格: 200,000 
180,000 
割引額: 20,000 円 (10%)
ID5978
あり
+

【ご購入の際のご注意】
コイン代金の他に5%のサイト手数料(税込)と送料1,000円(全国一律)が別途必要です。

【追加情報でコインの直径等が確認できます】


★★★★★★★

  期間特価

★★★★★★★

12/4(日)まで



ブラジル1815年ジョアン摂政皇太子(※)統治時、リオデジャネイロ造幣局発行の、4000レイス金貨です!!


摂政皇太子(英語: prince regent, prince-regent)は、君主が幼かったり、病気によって無能力状態に陥っていたり、

あるいは、亡命したり長い航海などで遠隔地にいて不在となる場合に、君主に代わって摂政として君主国を統治する王子のことをいいます。


(※)ジョアン摂政皇太子 

ブラジル公ジョアン(後のジョアン6世)は、精神を病んでほぼ不能となった母、

ポルトガル女王マリア1世の摂政を1792年から務め、1799年には「Príncipe Regente

として摂政皇太子と称されるジョアンの摂政時代は、有名なポルトガル宮廷の

ブラジルへの避難がありました。



表面:ポルトガル・ブラジル及びアルガルヴェ連合王国の国章

碑文:JOANNES・D・G・PORT・ET・ALG・P・REGENS 

1808年、ナポレオン戦争によってポルトガル本国からの亡命を強いられた摂政ジョアン王子(後のジョアン6世)は、

女王マリア1世とともに植民地ブラジルのリオ・デ・ジャネイロへ宮廷を遷しました。

そしてブラジル公国を本国と同格の王国とし、18151216日には正式に国名を「ポルトガル・ブ

ラジル及びアルガルヴェ連合王国」と改称しました。

ポルトガル・ブラジル及びアルガルヴェ連合王国の国章

Wikipedia参照



裏面:十字架と装飾

セント・ジョージズ・クロス(※)をモチーフにしたといわれています。

(※)聖ゲオルギオスの伝説にちなむものであり、イングランドの国旗などに用いられています。

赤色はゲオルギオスの血を意味しています。 


NGC社鑑定で、総鑑定枚数12枚!!

本コインは、5thグレードの高鑑定2枚の内の1枚です。

(+プラス付加鑑定を含む)

(2022年9月リサーチ/鑑定数等、変動する場合が有ります)


<画像クリックでNGCサイトが確認できます>




BRAZIL 4000 REIS Gold Joao prince regent 1815/4 NGC MS62 ID5978

ID:
ID5978
国:
ブラジル
材質:
デザイン:
その他
年代:
1800年代
グレード:
SC=SLABCASE(スラブケース入り)
直径:
約27.00mm
品位:
金=0.9170
発行枚数:
83,000枚
重量:
約8.0683g
鑑定機関:
NGC
カタログ:
KM#235.2